思ったこと、感じたことを書きためて... |中央区八重洲の東京インプラントセンター

小川洋一

インプラントに関係したつぶやき

インプラント治療に携わり
   「思ったこと、感じたこと...」

 インプラント治療は急速な勢いで普及を始めています。
インプラント治療に20年以上携わってきた一人の歯科臨床家が、その時々で何を考えているか、そしてどう感じているか...

そんな思いを2004年から綴っています。

 インプラント治療の術式や考え方は日々進歩していますし、最も変化が激しいことはインプラント治療を取ります社会環境でしょう。
 社会的に良い評価も増えている反面、悪い評価も近年では多く耳に入ってきます。
そんな、激動の歯科環境の中インプラント治療が今後どうなって行くか、その世界にどっぷり浸かっていいる一人の臨床家として、しっかり見守って行きたいと思っています。

 本ページは、東京インプラントセンター発信のブログ「インプラント治療って何?」のバックアップページとして編集しています。

 2004年の11月28日、「始めました」のタイトルで、その時々の「思ったこと、感じたこと」を綴りはじめ幾年月が過ぎました。
 歯科医師として活躍出来る40代に歯科臨床系のブログを書き綴っていることは、自分にとっての財産と思うようになりなした。そのデーターを自分の手元にバックアップする事の大切さを感じ、このページを作りました。
 10年後の自分宛の手紙かもしれません...

 -上の写真は2006年10月15日、日本国際歯科大会で発表した時のワンシーンです-

Drサーシャと
台北医科大学講義
インプラント長野講演
明海インプラントコース
明海インプラントコース

最新記事10ページはこちらです↓